イリノイの閑話休題強盗

The Illinois kanwaQ-die Bandit

与太話なしでは生きていけない作家・吉川良太郎ブログ


18世紀英国医学ロマン『解剖医ハンター』(吉川良太郎 原作=脚本)
徳間書店より全三巻発売中。
*原作に関する虚偽情報にお気を付けください。
また上の事情によりコメントは承認制にしました。
詳細はプロフィール欄を参照してください。

SF短編アンソロジー『SF JACK』
角川書店より発売中。
更新

またちょこっと更新。

 

某SNSから転載ですが、暇つぶしにどうぞ。

| 吉川良太郎 | - | 16:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
きみと本の話がしたいのだ

 

きみと本の話がしたいのだ   第八回 コミック版『くるぐる使い』

 

シミルボン様で連載させていただいている、

趣味が真逆の妻にヨシカワのフェイバリットを薦めるという

家庭内ビブリオバトル。

 

彼女もファンの大槻ケンヂの本なら興味を持つんじゃないかしら。

でも活字の本ってあまり読まない人なんだよな。

あ、コミック版がある!

 

というわけで今回は

大槻ケンジ原作、大橋薫作画『くるぐる使い』

を薦めてみようという。

 

七回の予定で始めたんですが

少々オーバーしてしまいました。

次回で最終回でございます。
どうぞよろしく。

| 吉川良太郎 | 仕事 | 16:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
文学史上の有名な悪女を集めてキャバクラを作ったらどうなるだろう

と、ふと空想する。

 

谷崎潤一郎『痴人の愛』 ナオミ

金づるを生かさず殺さず。

 

オスカー・ワイルド『サロメ』 王女サロメ

惚れっぽい上に、失恋するとすぐ殺す。

 

マルキ・ド・サド『悪徳の栄え』 ジュリエット

たぶん売上金持って逃げる。あと、すぐ殺す。

 

プロスペル・メリメ『カルメン』

二人に貢がせてたら一方の客が逆上して殺される。

 

アベ・プレヴォー『マノン・レスコー』

なんかいろいろあって関係者が全員死ぬ。

 

小野小町

「百日通ってくれたら……ウフフ」

とか言って客を釣ってたら 百日目に店の前で死なれる。

 

江戸川乱歩『黒蜥蜴』

盗癖がある。あとイケメンは殺して剥製にする。

 

ザッヘル・マゾッホ『毛皮を着たヴィーナス』 ワンダ

お店を間違ってる。

 

ウラジーミル・ナボコフ『ロリータ』

店長が逮捕される。

 

 

ひと月もたず閉店しそうな気がする。

| 吉川良太郎 | - | 16:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
指圧の心はがしゃどくろ

どういう意味なのか書いてる本人にもわからないが

思いついたら書けばいいってもんですよ。

たぶん押したら黄泉が湧く。

| 吉川良太郎 | - | 16:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
書き残しておくべきか

世田谷区、山本さほさんとのトラブルについて経緯公表 「おおむね同様の趣旨のやりとりがあった」と認める

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181004-00000081-it_nlab-sci

 

漫画家・山本さほさんの巻き込まれたひどい災難を知って

自分がかつて体験した不条理なトラブルのことを思い出した(小説の仕事ではないです)

結局、詳細は公表しないまま現在にいたるのだが

こういうのは他の作家や作家を志す人たちのために書き残しておくべきなのかな。

ちょっと考え中。

 

| 吉川良太郎 | - | 16:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
更新しました

前回『ニンジャバットマン』オススメ記事を載せたついでに

某SNSで書いてたバカ日記をいくつか転載してみましたが

意外と多くのお運びでちょっとビックリ。

こんな過疎ブログでもまだ見ておられるお客さんがいるのだなあ。

 

じゃあもうちょっと、ということで

さらにいくつか転載しました。

暇つぶしにどうぞ。

| 吉川良太郎 | - | 08:55 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
雑記

フランス人に

「生きていくのに一番必要なものは?」

とたずねると老若男女十中八九が

「愛」と答えるそうな。

男女のそれだけでなく家族愛や友情も含めて。

日本人は斜に構えた感じで「金」と答える気がする。

 

これだけ聞けばさすがフランス人はロマンチストだねとしか思わないけど

実際の彼らは欧米で一、二を争うケチであることは有名だ。

よく言えば経済観念が発達しているというべきか。

しかしフランスの歴史をふまえて上の質問の答えを考えると彼らは

「金が役に立たなくなる可能性」

を知っているんじゃないか

と、ふと思った。

 

プロシアに包囲されたりナチスに占領されたり(ドイツばっかりだな)したとき

頼りになるのは

「どれだけ金持ってるか」

より

「どれだけ友人がいるか」

だと。

 

無法の野盗集団が

「こんなもん今じゃケツを拭く紙にもなりゃしねえぜ!」

と一万円札の札束を投げ捨てて水と食料を奪っていく

『北斗の拳』第一話のあの世界になったら

そりゃ親戚が牙一族だとか拳王軍に友達がいる

とかの方が断然生き残れるもんな。

 

愛って大事。

と思って、ももさんの頭をなでてみた。

 

 

あ! でも言い方を変えると愛というより

「コネが大事」ってことかもしれない!

日本もフランスも、ものをいうのはコネですよ! コネコネ社会ですよ! 妻ー!(福満しげゆき風)

 

 

無論、どっちもあれば万々歳なのですが

備えあれば憂いなしなので

今のうちデビルリバースあたりと友達になっておきたいです。

 

「あんちゃんだよー、おまえのあんちゃんだよー」

「えー、ほんとにあんちゃんかー?」

 

最後はまとめてケンシロウにボコられますが。

| 吉川良太郎 | - | 04:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
雑記

ももさんと話してて、なぜか『DRスランプ』の話題になる。

あのギャグのムチャクチャさって最近のマンガでは見ないねとか。

 

「『アラレちゃんのパンチで吹っ飛んで地球一周して戻ってくる』

というギャグを現実にやったら

たぶん軽く音速の壁を超えてるから

空気摩擦で燃え尽きるか焼け焦げた肉塊が背後から高速で飛んでくる

というホラーな状況になるんだろうね」

 

怖い話になってしまったのでそこで終わった。

いつものことよ。

| 吉川良太郎 | - | 03:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
なんとなくクリスタルスカル

というタイトルをふと思いついたが

どんな話なんだか見当もつかずそしてぼくは途方にくれる。

たぶんインディ・ジョーンズがなんとなく水晶ドクロの謎を解くんだよきっと。

| 吉川良太郎 | - | 03:55 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
薔薇とサムライと猫とKISSと

劇団新感線の舞台『薔薇とサムライ』を見て以来

ももさんが「天海祐希になりたいなりたい」と夢中になっている。

「天海さん超カッコイイ!!」

宝塚を見たら案外ハマるのかもしれない。

 

「じゃあぼくは猫になりたいです」

「なぜ対抗する」

「がんばって『メモリー』も歌えるようになるよ」

「そっちか」

 

ためしに歌ってみたがメ〜モリ〜♪ しか歌詞を知らないのであとは鼻歌だった。

 

「じゃあKISSのドラムの人でもいいよ」

「なんでもいいんだね」

| 吉川良太郎 | - | 03:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
+ PROFILE
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ SPONSORED LINKS
+ RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

いよいよ完結。三巻はチェゼルデンとハンター、ハンターとジェンナー、三代の師弟の物語。オマケのコラムも増量しました。
+ RECOMMEND
解剖医ハンター 2 (リュウコミックス)
解剖医ハンター 2 (リュウコミックス) (JUGEMレビュー »)
吉川 良太郎,黒釜 ナオ
『ドリトル先生』のモデルとなった18世紀英国の怪人ジョン・ハンターが、今回は「ジェヴォーダンの獣」事件をめぐる陰謀に挑みます。
+ RECOMMEND
Fの肖像―フランケンシュタインの幻想たち (光文社文庫 い 31-34)
Fの肖像―フランケンシュタインの幻想たち (光文社文庫 い 31-34) (JUGEMレビュー »)
朝松 健
『青髭の城で』聖女ジャンヌ・ダルクに仕えた騎士、後に稀代の殺人鬼の汚名を残した「ジル・ド・レ元帥」その犯罪の謎めいた動機に若き科学者が挑む。
+ RECOMMEND
酒の夜語り (光文社文庫)
酒の夜語り (光文社文庫) (JUGEMレビュー »)

『苦艾の繭』ナチ占領下ベルギー、ブリュッセルでアブサン密売人が出会う怪異。
+ RECOMMEND
アート偏愛 (光文社文庫)
アート偏愛 (光文社文庫) (JUGEMレビュー »)
井上 雅彦
『ドリアン・グレイの画仙女』20世紀初頭、ロンドン亡命中の「中国革命の父」孫文が出会った「西洋の魔都」の闇。
+ RECOMMEND
解剖医ハンター 1 (リュウコミックス)
解剖医ハンター 1 (リュウコミックス) (JUGEMレビュー »)
吉川 良太郎,黒釜 ナオ
『ジキル博士とハイド氏』『ドリトル先生』のモデルとなった、18世紀ロンドンに「実在した」怪人の冒険。
+ RECOMMEND
短篇ベストコレクション―現代の小説〈2009〉 (徳間文庫)
短篇ベストコレクション―現代の小説〈2009〉 (徳間文庫) (JUGEMレビュー »)

『吸血花(あるらうね)』大名の御典医を先祖とする旧家にもらわれた少年は十三歳の美しい義姉に淫靡な虐待を受けるが……めずらしく和モノホラー。ちょいエロ。
+ RECOMMEND
ペロー・ザ・キャット全仕事
ペロー・ザ・キャット全仕事 (JUGEMレビュー »)
吉川 良太郎
デビュー作。2001年日本SF新人賞受賞。近未来フランスの暗黒街を駆け抜ける一匹の人=猫の物語。
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND