イリノイの閑話休題強盗

The Illinois kanwaQ-die Bandit

与太話なしでは生きていけない作家・吉川良太郎ブログ


18世紀英国医学ロマン『解剖医ハンター』(吉川良太郎 原作=脚本)
徳間書店より全三巻発売中。
*原作に関する虚偽情報にお気を付けください。
また上の事情によりコメントは承認制にしました。
詳細はプロフィール欄を参照してください。

SF短編アンソロジー『SF JACK』
角川書店より発売中。
<< どうだろう(もはやナンバーを数える気さえない) | main | ダン・オバノン死去 >>
新シリーズ始動
本日発売の「comicリュウ」にて
『解剖医ハンター』
新シリーズ「バスカヴィル家の獣」編
が始まります。
巻頭です。トビラがカラーです。ワー。
前回は外科医・解剖医としての活躍が多かったですが
今回はいくらか「ドリトル先生」らしいことしますよ。
と書いてる時点で読者の皆様からの

どこが「ドリトル先生」だ!!!

という幻聴が聞こえてきますがくじけない。

えーと。
ポロリもあるよ。


どうぞよろしく。

| 吉川良太郎 | 仕事 | 22:22 | comments(2) | trackbacks(1) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 22:22 | - | - | pookmark |
やっと拝見「バスカヴィカル家の犬」
冒頭シーンでニヤリ・その1、
ポロリがグラマラスでニヤリ・その2。

で、産業革命の説明で
「・・・・ジョサイア・ウェッジウッドの陶器」
吉川節、キタ〜〜〜ッ!でニヤリ・その3でした★狒狒狒。

ちなみにジョサイアつながりでいうと、
「ジョサイア・コンドル」
が外国人の名前でいちばん好きです。
| ダイハード | 2009/12/29 10:43 PM |
どうもです。
実は当初ウェッジウッドの話を書こうかと練ってたんですが、
編集者と相談した結果「地味」ということで後回しになりました。
いずれ書けたらいいなあ。

ジョサイア・コンドルって明治の建築家でしたっけ……
調べたらやはり19世紀の人。惜しい。
| ヨシカワ | 2009/12/30 1:33 AM |









http://kanwaqdai.jugem.jp/trackback/240
バーミンガムの色んな魅力
バーミンガムの現地情報ブログです。
| バーミンガムより愛をこめて | 2009/12/28 9:23 AM |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
+ PROFILE
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ SPONSORED LINKS
+ RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

いよいよ完結。三巻はチェゼルデンとハンター、ハンターとジェンナー、三代の師弟の物語。オマケのコラムも増量しました。
+ RECOMMEND
解剖医ハンター 2 (リュウコミックス)
解剖医ハンター 2 (リュウコミックス) (JUGEMレビュー »)
吉川 良太郎,黒釜 ナオ
『ドリトル先生』のモデルとなった18世紀英国の怪人ジョン・ハンターが、今回は「ジェヴォーダンの獣」事件をめぐる陰謀に挑みます。
+ RECOMMEND
Fの肖像―フランケンシュタインの幻想たち (光文社文庫 い 31-34)
Fの肖像―フランケンシュタインの幻想たち (光文社文庫 い 31-34) (JUGEMレビュー »)
朝松 健
『青髭の城で』聖女ジャンヌ・ダルクに仕えた騎士、後に稀代の殺人鬼の汚名を残した「ジル・ド・レ元帥」その犯罪の謎めいた動機に若き科学者が挑む。
+ RECOMMEND
酒の夜語り (光文社文庫)
酒の夜語り (光文社文庫) (JUGEMレビュー »)

『苦艾の繭』ナチ占領下ベルギー、ブリュッセルでアブサン密売人が出会う怪異。
+ RECOMMEND
アート偏愛 (光文社文庫)
アート偏愛 (光文社文庫) (JUGEMレビュー »)
井上 雅彦
『ドリアン・グレイの画仙女』20世紀初頭、ロンドン亡命中の「中国革命の父」孫文が出会った「西洋の魔都」の闇。
+ RECOMMEND
解剖医ハンター 1 (リュウコミックス)
解剖医ハンター 1 (リュウコミックス) (JUGEMレビュー »)
吉川 良太郎,黒釜 ナオ
『ジキル博士とハイド氏』『ドリトル先生』のモデルとなった、18世紀ロンドンに「実在した」怪人の冒険。
+ RECOMMEND
短篇ベストコレクション―現代の小説〈2009〉 (徳間文庫)
短篇ベストコレクション―現代の小説〈2009〉 (徳間文庫) (JUGEMレビュー »)

『吸血花(あるらうね)』大名の御典医を先祖とする旧家にもらわれた少年は十三歳の美しい義姉に淫靡な虐待を受けるが……めずらしく和モノホラー。ちょいエロ。
+ RECOMMEND
ペロー・ザ・キャット全仕事
ペロー・ザ・キャット全仕事 (JUGEMレビュー »)
吉川 良太郎
デビュー作。2001年日本SF新人賞受賞。近未来フランスの暗黒街を駆け抜ける一匹の人=猫の物語。
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND