イリノイの閑話休題強盗

The Illinois kanwaQ-die Bandit

与太話なしでは生きていけない作家・吉川良太郎ブログ


18世紀英国医学ロマン『解剖医ハンター』(吉川良太郎 原作=脚本)
徳間書店より全三巻発売中。
*原作に関する虚偽情報にお気を付けください。
また上の事情によりコメントは承認制にしました。
詳細はプロフィール欄を参照してください。

SF短編アンソロジー『SF JACK』
角川書店より発売中。
<< 映画見てきた | main | 雑記 >>
雑記

仕事が佳境で長らくブログ更新してないのに
久々にブログを見たら
ここ数日えらく来訪者が増えていた。
更新もしてないのになんでまた、と思ったが
そうかあの映画が公開なのかと気がついた。さっき。
脚本協力という形で参加させていただいた映画です。
あんまりここでしゃべられることもないんだけど
『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』
ぜひぜひ劇場に足を運んで見てください、とだけ申し上げておきます。

| 吉川良太郎 | 仕事 | 09:10 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 09:10 | - | - | pookmark |
吉川良太郎先生、初めまして。『ぺロー・ザ・キャット全仕事』以来のファンです。漫画作品も含めて、先生の本を集めています。

「脚本協力という形で参加させていただいた」とありますが、具体的にはどのような仕事をされたのですか?
物語上の細かいエピソードの作成や、設定のディティールを考案されたりしたのでしょうか?

あと、今後も漫画の原作はされるのでしょうか?
質問だらけで申し訳ありませんが、『解剖医ハンター』がべらぼうに面白かったので、気になるのです。
| なるー | 2013/05/13 1:23 AM |
はじめましてこんにちわ。うれしいなあ。

エヴァの脚本協力は、だいたい御想像の通りだと思います。
いわゆるブレインストーミングで、ひたすらアイデアを出してました。
具体的にどんなアイデアを出したかはヒミツです。

マンガ原作は、今のところやるつもりはありません。
ハンターは未発表のプロットや脚本がまだあるんですが
機会があれば小説で書かせてもらいたいなと思ってます。
すでに皆川博子先生の傑作があるので腰が引けますが。

では、今後ともどうぞよろしくいおねがいします。
| ヨシカワ | 2013/05/14 3:41 AM |









http://kanwaqdai.jugem.jp/trackback/467
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
+ PROFILE
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ SPONSORED LINKS
+ RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

いよいよ完結。三巻はチェゼルデンとハンター、ハンターとジェンナー、三代の師弟の物語。オマケのコラムも増量しました。
+ RECOMMEND
解剖医ハンター 2 (リュウコミックス)
解剖医ハンター 2 (リュウコミックス) (JUGEMレビュー »)
吉川 良太郎,黒釜 ナオ
『ドリトル先生』のモデルとなった18世紀英国の怪人ジョン・ハンターが、今回は「ジェヴォーダンの獣」事件をめぐる陰謀に挑みます。
+ RECOMMEND
Fの肖像―フランケンシュタインの幻想たち (光文社文庫 い 31-34)
Fの肖像―フランケンシュタインの幻想たち (光文社文庫 い 31-34) (JUGEMレビュー »)
朝松 健
『青髭の城で』聖女ジャンヌ・ダルクに仕えた騎士、後に稀代の殺人鬼の汚名を残した「ジル・ド・レ元帥」その犯罪の謎めいた動機に若き科学者が挑む。
+ RECOMMEND
酒の夜語り (光文社文庫)
酒の夜語り (光文社文庫) (JUGEMレビュー »)

『苦艾の繭』ナチ占領下ベルギー、ブリュッセルでアブサン密売人が出会う怪異。
+ RECOMMEND
アート偏愛 (光文社文庫)
アート偏愛 (光文社文庫) (JUGEMレビュー »)
井上 雅彦
『ドリアン・グレイの画仙女』20世紀初頭、ロンドン亡命中の「中国革命の父」孫文が出会った「西洋の魔都」の闇。
+ RECOMMEND
解剖医ハンター 1 (リュウコミックス)
解剖医ハンター 1 (リュウコミックス) (JUGEMレビュー »)
吉川 良太郎,黒釜 ナオ
『ジキル博士とハイド氏』『ドリトル先生』のモデルとなった、18世紀ロンドンに「実在した」怪人の冒険。
+ RECOMMEND
短篇ベストコレクション―現代の小説〈2009〉 (徳間文庫)
短篇ベストコレクション―現代の小説〈2009〉 (徳間文庫) (JUGEMレビュー »)

『吸血花(あるらうね)』大名の御典医を先祖とする旧家にもらわれた少年は十三歳の美しい義姉に淫靡な虐待を受けるが……めずらしく和モノホラー。ちょいエロ。
+ RECOMMEND
ペロー・ザ・キャット全仕事
ペロー・ザ・キャット全仕事 (JUGEMレビュー »)
吉川 良太郎
デビュー作。2001年日本SF新人賞受賞。近未来フランスの暗黒街を駆け抜ける一匹の人=猫の物語。
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND