イリノイの閑話休題強盗

The Illinois kanwaQ-die Bandit

与太話なしでは生きていけない作家・吉川良太郎ブログ


18世紀英国医学ロマン『解剖医ハンター』(吉川良太郎 原作=脚本)
徳間書店より全三巻発売中。
*原作に関する虚偽情報にお気を付けください。
また上の事情によりコメントは承認制にしました。
詳細はプロフィール欄を参照してください。

SF短編アンソロジー『SF JACK』
角川書店より発売中。
<< 雑記 | main |
連載コラム第四回 「きみと本の話がしたいのだ  女性が主人公の本を薦めてみる」

 

「きみと本の話がしたいのだ 第四回 「女性が主人公」の本を薦めてみる」

 

世間はWBCとやらで盛りあがってるそうですが

ももさんのストライクゾーンを外しまくりなプレゼンもこれで三作目。

これでダメならスリーアウト、もう戦力外通告ものですが

 

「あきらめるな。一度あきらめたら、それがクセになる」

(映画『がんばれ! ベアーズ』)

 

と心の監督が喝を入れるのでがんばりました。

「あきらめたら、そこで試合終了ですよ」

よりも、こっちの方が人生においてより実践的な名言だと思うのです。

野球やったことないけど。

 

コラム書いてる最中に風邪ひいて、十年ぶりくらいに40度の熱で寝込みました。

検査したけどインフルエンザではなかったです。

知恵熱だったらすごいな。

 

高橋葉介『ストーリィ・テラー』

丸山薫『ストレニュアス・ライフ』

高橋しん『トムソーヤ』

小林恭二『カブキの日』

田中ロミオ『人類は衰退しました』

山田風太郎『エドの舞踏会』

 

以上、6作のレビューまとめといった感じに。

今回はちょっと長いですが、よろしかったらヒマつぶしにどうぞ。

 

こちらもどうぞ

第一回 相手の好みを分析して勧めてみよう(森見登美彦『夜は短し歩けよ乙女』)

第二回 映像化作品から勧めてみよう(M・デュラス『愛人』 ユゴー『レ・ミゼラブル』 宮沢賢治『銀河鉄道の夜』)

第三回 『銀河鉄道の夜』をプレゼンしてみる

 

どうぞよろしく。

| 吉川良太郎 | - | 13:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 13:18 | - | - | pookmark |









http://kanwaqdai.jugem.jp/trackback/591
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
+ PROFILE
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ SPONSORED LINKS
+ RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

いよいよ完結。三巻はチェゼルデンとハンター、ハンターとジェンナー、三代の師弟の物語。オマケのコラムも増量しました。
+ RECOMMEND
解剖医ハンター 2 (リュウコミックス)
解剖医ハンター 2 (リュウコミックス) (JUGEMレビュー »)
吉川 良太郎,黒釜 ナオ
『ドリトル先生』のモデルとなった18世紀英国の怪人ジョン・ハンターが、今回は「ジェヴォーダンの獣」事件をめぐる陰謀に挑みます。
+ RECOMMEND
Fの肖像―フランケンシュタインの幻想たち (光文社文庫 い 31-34)
Fの肖像―フランケンシュタインの幻想たち (光文社文庫 い 31-34) (JUGEMレビュー »)
朝松 健
『青髭の城で』聖女ジャンヌ・ダルクに仕えた騎士、後に稀代の殺人鬼の汚名を残した「ジル・ド・レ元帥」その犯罪の謎めいた動機に若き科学者が挑む。
+ RECOMMEND
酒の夜語り (光文社文庫)
酒の夜語り (光文社文庫) (JUGEMレビュー »)

『苦艾の繭』ナチ占領下ベルギー、ブリュッセルでアブサン密売人が出会う怪異。
+ RECOMMEND
アート偏愛 (光文社文庫)
アート偏愛 (光文社文庫) (JUGEMレビュー »)
井上 雅彦
『ドリアン・グレイの画仙女』20世紀初頭、ロンドン亡命中の「中国革命の父」孫文が出会った「西洋の魔都」の闇。
+ RECOMMEND
解剖医ハンター 1 (リュウコミックス)
解剖医ハンター 1 (リュウコミックス) (JUGEMレビュー »)
吉川 良太郎,黒釜 ナオ
『ジキル博士とハイド氏』『ドリトル先生』のモデルとなった、18世紀ロンドンに「実在した」怪人の冒険。
+ RECOMMEND
短篇ベストコレクション―現代の小説〈2009〉 (徳間文庫)
短篇ベストコレクション―現代の小説〈2009〉 (徳間文庫) (JUGEMレビュー »)

『吸血花(あるらうね)』大名の御典医を先祖とする旧家にもらわれた少年は十三歳の美しい義姉に淫靡な虐待を受けるが……めずらしく和モノホラー。ちょいエロ。
+ RECOMMEND
ペロー・ザ・キャット全仕事
ペロー・ザ・キャット全仕事 (JUGEMレビュー »)
吉川 良太郎
デビュー作。2001年日本SF新人賞受賞。近未来フランスの暗黒街を駆け抜ける一匹の人=猫の物語。
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND