イリノイの閑話休題強盗

The Illinois kanwaQ-die Bandit

与太話なしでは生きていけない作家・吉川良太郎ブログ


18世紀英国医学ロマン『解剖医ハンター』(吉川良太郎 原作=脚本)
徳間書店より全三巻発売中。
*原作に関する虚偽情報にお気を付けください。
また上の事情によりコメントは承認制にしました。
詳細はプロフィール欄を参照してください。

SF短編アンソロジー『SF JACK』
角川書店より発売中。
<< きみと本の話がしたいのだ | main | きみと本の話がしたいのだ 第七回 >>
鮎川哲也賞、ミステリーズ!新人賞、あと岡和田さん

えー、ちょっと前の話。

「第二十七回 鮎川哲也賞」「第十四回 ミステリーズ!新人賞」贈賞式(東京創元社主催)

にお招きいただき参加してまいりました。

鮎川哲也賞は今村昌弘『屍人荘の殺人』

ミステリーズ!新人賞は残念ながら受賞作なし、優秀賞が丹野文月「未知との遭遇」

に贈られました。

おめでとうございます。

 

なんで書くのが遅れたかというと、

御恵贈にあずかった鮎川賞受賞作を読んでから書こうと思ってたからです。

で、読みました。

いわゆるクローズドサークル物のミステリですが、その閉鎖状況がなんと

「○○○が発生」という度肝を抜く設定。度肝抜かれましたとも。ぼくと×××が。

しかし考えたら×××が『○○○』で初めて近代的○○○を創造したときも

実はあれはクローズドな状況を設定する舞台装置なのだったが

(あと○○○ィ○とかもそうですね。古いけど)

これをミステリに用いるというのは盲点。ありそうでなかった。

楽しく読ませていただきました。

しかし……ネタバレせずに書くのが非常に難しい作品です。伏字だらけですみませんねえ。

丹野文月「未知との遭遇」は、まだ読めてませんスミマセン。

選評によれば、落語界を舞台にしたミステリで、キャラクターの立った短編とのこと。

これから読むのが楽しみです。

 

 

 

もう一つ、岡和田晃さまから評論集

『世界にあけられた弾痕と、黄昏の原郷』

を御恵贈いただきました。

ありがとうございます。

気鋭の評論家・岡和田晃がここ数年に様々な媒体で発表した評論・書評を集めた一冊。

こちらも全部読んでから書こうと思ったのですが、諸々も雑事が重なってまだ読み終えてません。スミマセン。

しかしあんまり遅くなるのもなんなので、ここらで一度紹介させていただきます。

とにかく、読み応えのある一冊です。

あ、前に日記で紹介させてもらった、

ヨシカワの詩人時代(笑)について触れてくださった記事も収録されています。

 

 

最後にあらためて、皆様おめでとうございます&ありがとうございました。

 

 

(文中敬称略)

 

| 吉川良太郎 | - | 14:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 14:12 | - | - | pookmark |









http://kanwaqdai.jugem.jp/trackback/594
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
+ PROFILE
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ SPONSORED LINKS
+ RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

いよいよ完結。三巻はチェゼルデンとハンター、ハンターとジェンナー、三代の師弟の物語。オマケのコラムも増量しました。
+ RECOMMEND
解剖医ハンター 2 (リュウコミックス)
解剖医ハンター 2 (リュウコミックス) (JUGEMレビュー »)
吉川 良太郎,黒釜 ナオ
『ドリトル先生』のモデルとなった18世紀英国の怪人ジョン・ハンターが、今回は「ジェヴォーダンの獣」事件をめぐる陰謀に挑みます。
+ RECOMMEND
Fの肖像―フランケンシュタインの幻想たち (光文社文庫 い 31-34)
Fの肖像―フランケンシュタインの幻想たち (光文社文庫 い 31-34) (JUGEMレビュー »)
朝松 健
『青髭の城で』聖女ジャンヌ・ダルクに仕えた騎士、後に稀代の殺人鬼の汚名を残した「ジル・ド・レ元帥」その犯罪の謎めいた動機に若き科学者が挑む。
+ RECOMMEND
酒の夜語り (光文社文庫)
酒の夜語り (光文社文庫) (JUGEMレビュー »)

『苦艾の繭』ナチ占領下ベルギー、ブリュッセルでアブサン密売人が出会う怪異。
+ RECOMMEND
アート偏愛 (光文社文庫)
アート偏愛 (光文社文庫) (JUGEMレビュー »)
井上 雅彦
『ドリアン・グレイの画仙女』20世紀初頭、ロンドン亡命中の「中国革命の父」孫文が出会った「西洋の魔都」の闇。
+ RECOMMEND
解剖医ハンター 1 (リュウコミックス)
解剖医ハンター 1 (リュウコミックス) (JUGEMレビュー »)
吉川 良太郎,黒釜 ナオ
『ジキル博士とハイド氏』『ドリトル先生』のモデルとなった、18世紀ロンドンに「実在した」怪人の冒険。
+ RECOMMEND
短篇ベストコレクション―現代の小説〈2009〉 (徳間文庫)
短篇ベストコレクション―現代の小説〈2009〉 (徳間文庫) (JUGEMレビュー »)

『吸血花(あるらうね)』大名の御典医を先祖とする旧家にもらわれた少年は十三歳の美しい義姉に淫靡な虐待を受けるが……めずらしく和モノホラー。ちょいエロ。
+ RECOMMEND
ペロー・ザ・キャット全仕事
ペロー・ザ・キャット全仕事 (JUGEMレビュー »)
吉川 良太郎
デビュー作。2001年日本SF新人賞受賞。近未来フランスの暗黒街を駆け抜ける一匹の人=猫の物語。
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND